心地よさの理由

さつきが丘医院 × 東京西川
三点支持理論

肩1.2:首1:後頭部2.5
理想の圧力バランスが、心地よい眠りをサポート。

首に無理のない寝姿勢には、後頭部と首と肩の三点でバランス良く頭部を支えることが重要。奥山先生と東京西川の研究で、「肩1.2:首1:後頭部2.5」の圧力バランスがもっとも寝心地がいいと発見。この三点支持理論で、「医師がすすめる健康枕」は、快適な眠りを生み出します。

「医師がすすめる健康枕」
4つの特長

※三点支持理論とは、奥山医師が提唱し、西川産業が共同研究した枕の理論です。

「医師がすすめる健康枕」開発の歴史

  • 1984年日本睡眠科学研究所設立
  • 1987年日本睡眠科学研究所と奥山先生の出会い
  • 1991年奥山先生と日本睡眠科学研究所との取り組みにより、後頭部から首にかけての形状・圧力を測定できる”ピローフィッター”を開発
  • 1996年「首楽寝」の初期モデル、『さつきA』まくら発売
  • 2000年「首楽寝」の前身、『さつきドーナツ枕』発売
  • 2003年『肩楽寝』の販売をスタート
  • 2004年こども向けまくら『コピロ』発売
  • 2008年女性向けまくら『寝顔美人』の展開スタート
  • 2009年横向き寝用まくら『横楽寝』の販売をスタート
  • 2013年『もっと・・・』シリーズスタート
  • 2016年『肩楽寝Premium』の販売をスタート
  • 2017年“医師がすすめる健康枕”シリーズ累計出荷数370万個を突破!
  • 2018年リニューアル版『もっと・・・』シリーズスタート 医師がすすめる健康枕シリーズは、奥山医師が提唱し、西川産業が共同研究した枕の理論『三点支持理論』に基づき作られています。

さつきが丘医院 初代院長
医学博士 奥山隆保 先生