医師がすすめる健康枕トップ > 商品ラインナップ 「首楽寝」
お問い合わせ
もっと肩楽寝 肩の凝りやすい方におすすめです!
もっと首楽寝ロゴ
最近、枕が合わず、首が疲れる!
中央を凹型形状にし、天然素材の詰めものを使用。
睡眠中の首と後頭部をしっかりと支えます。
肩楽寝構造図

もっと首楽寝(中~低)  本体価格¥5,000+税

サイズ:58×35cm  配色:C

もっと首楽寝(高~中)  本体価格¥5,000+税

サイズ:58×35cm  配色:B

<枕本体>
綿100%
(キルト部) 表側:綿100%
中わた:ポリエステル100%
裏側:ポリエステル65% 綿35%
詰めもの そば殻

もっと首楽寝専用ピローケース 本体価格¥1,500+税

サイズ:60×38cm 綿100% 配色:B/C

「もっと首楽寝」は頸椎をしっかりサポートする枕です!

わたしは整形外科医の立場から、様々な枕の開発に携わってきました。 枕が合わないことで頸椎に負担がかかり、神経系統や筋肉の血行障害が生じ、肩こり・頭痛・腰痛を引き起こすことは少なくないからです。 40歳を過ぎた頃から大半の人の首は、頸椎を支える筋力が落ち、7つの椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が摩耗し、首の動きが次第に悪くなっていきます。そのため睡眠時には頸椎カープを自然なカタチに保ち、首にやさしくフィットする枕で少しでも負担を軽減させることが必要です。 第一号の発売から17年を経ても変わらず多くの方の支持を受け、更に進化した「もっと首楽寝(旧さつきドーナツ枕)」は、下敷きと中の詰めものを増減させることで枕の高さを自由に調節できます。また3つのユニットに分かれ詰めものが大きく動かないので、寝返りしても型くずれしにくくなっています。 「もっと首楽寝」は首にやさしい枕として大変期待がもてます。

奥山さん画像
首を支えるのが枕の役割

自然に立った姿勢を横に。首と後頭部の
後ろの隙間を埋めて首と後頭部を支えるのが枕の役割です。

肩口が枕に当たるように首と頭をのせるのが正しい当て方。
そのためには、肩口にフィットさせることが大切です。

「首楽寝まくら」の高さ調節方法
高さを低くする場合

① 全体の高さが高い場合は、ウレタンシートと取り外します。

② ①を行っても更に高い場合には、枕横のファスナーを開けて、調節口の布を取り出します。

③ 調節口より詰めもののそば殻を一握り抜いてください。
 (調節口は中央部と両サイドの3カ所に分かれています。)

④ 詰めものを抜きましたら、調節口の布を丸めながら中におさめて、
  ファスナーをしっかり閉めてください。
  手で詰めものを均等にならし、ご使用の敷き寝具の上で寝心地をお試しください。
  (更に合わない場合には、繰り返し詰めものを一握りずつ抜いて微調節してください。)

※ 高さを上げる場合は、付属の補充パックのそば殻を一握りずつ入れて調節を行ってください。

トップへ戻る